カンヌ・パルムドール受賞!「ブンミおじさん」



0 コメント


カンヌ最高賞のパルムドール。

タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品「ブンミーおじさん」が受賞した。

タイ映画の最高賞は初めてらしい。

死期迫るブンミおじさんの家に、猿人となった息子と死んだはずの妻が戻ってくるというストーリーとか。静かな流れで、死に迫る作品らしい。

なんか、映像を見るかぎり、芸術性が強そうな作品だ。

暗いニュースばかり続いていたタイで久しぶりに喜ばしいことかな。

ちなみに、この映画がタイ国内で放映されるかどうかはアピチャーポン監督しだい。ただし、放映するにしてもタイ政府の映画検閲を通さねばならない。監督は、検閲政策をかねてから強く批判しているらしい。


応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.