赤服からの間違い電話



0 コメント


朝、6時半過ぎ。

机の上から、携帯電話のバイブ音が聞こえる。


こんな時間に誰だよ、と思いながらベットから机に向かい、受話器をとる。

「何やっているんだよ。今どこだ?何時頃、来れる?」

野太い、しゃがれたおっちゃんの声が聞こえた。周りもガヤガヤと騒がしい。


今どこって、家に決まってるだろう、という気持ちを抑えつつ、

「僕が行くのですか?何か勘違いしてません?」

と冷静に答えた。


「はぁ?」

いや、いや。確かに僕の発音が悪いのは分かるが、朝っぱらからタイ人の「はぁ?」という声にはさすがにイラッとする。


「だから、おっちゃん。間違い電話でしょう」

「何?もうちょっと大きい声でしゃべってくれ。周りが騒がしくて聞こえないんだ」


ここで、切ってしまえばよかったのだが、そんな思考は働かなかった。

ましてや、「じゃあ、7時半に向かうから、いつものところで待っててくれ」などと適当に約束をしてしまう、気のきいたことは思いつきもしなかった。

あくまでも真面目に返答してしまう、気の弱い僕だ。


「だから、間違い電話です」

「何言ってるんだ。~だろう?」

「いや、僕は~ではあり・・・」

途中まで言いかけたとき周りの喧騒が増した。そこで気づいた。もしかしたら、このおっちゃん。赤服が待機している会場にいるのではなかろうか。


すると、おっちゃんは、

「ちょっと何言ってるかわからないから、また後で電話するわ」

と言って、有無を言わさずにガチャリと電話を切った。


僕は腹立たしさですっかり目が覚め、しばし途方にくれた。

朝っぱらから間違い電話で起こされ、一方的に切られたこの気持ち。

いったい、どこにぶつければいいのだろうか・・・。



今、タクシン派の赤服は、バンコクの中心地ををデモして回っている。ニュースではその様子を刻々と伝えている。

あれから、おっちゃんからの電話はない。きっと、このデモ行進で忙しいのだろう。(あのおっちゃんが本当に赤服の人間ならば、だが。ま、僕はそう確信しているけど)

この中に、僕に電話した人間が混ざり、笑いながらデモ行進しているかと思うと、なんともやりきれない。





応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.