ウボン県のブン・パウェート儀礼⑦        ~ヴェッサンダラ本生話~



0 コメント
朝4時過ぎ、トゥンシームアン寺の境内にて、ジャータカ最後の物語、ヴェッサンダラ本生話の読経が始まった。

ヴェッサンダラ本生話の概要は以前にお話した通りなので、ここでは省略する。


ヴェッサンダラ本生話は、全13章よりなり、僧侶が交代で各章を詩吟する。


  <ヴェッサンダラ本生話が記載されている。これを僧侶が読み上げる>


それぞれの章に、スポンサーがつくのは、この儀礼の特徴だ。

スポンサーの代表者は、村や地域のなかから選ばれ、その代表者を3-4世帯でサポートするという構図が多い。

スポンサーとなった代表者は、他村から招いた僧や親戚たちの宿泊所を用意したり、各章の説法が終わるごとに、僧侶にタンブンする役割を担う。

その年ごとによって、スポンサーとなる代表者は代わる。

また、儀礼を行うに際して必要となる道具は、線香・ろうそく各1000本ずつ、蓮の花各種(ブアルアン・ブアパン・ブアサーイ)、ミズアオイ、コルクノウゼンの各花1000本、ビンロウジ1000本、旗1000本である。





さて、物語が始まった。

僧侶によって、詩吟の上手い下手があり、かなり上手い僧侶の時には、鐘がガンガン鳴らされていた。盛り上がってきたところに、「ゴーン」って感じだ。


          <かなりの詩吟達者で、皆感動していた>


          <僧侶にタンブンする様子>




聴衆者は、基本的に老人が多かった。若者はかなり少ない。昨日のプラ・ウェートサンドンの行列とは大きな差だ。



皆、寺の中でゆったりと僧侶の読経を聞いている。

静かに、ゆっくりと時は流れる。

というか、ゆったり過ぎか。

なにせ、終わったのは夕方の5時過ぎだ。

半日もかけて僧侶の読経を聴くのだから、これは大変だが、実際に聴いていた人びとの顔は、明るくすがすがしかった。



これで人びとは、かなりの功徳を得ることに成功するとともに、未来において弥勒菩薩に会える確率を高めた(ウボン県のブン・パウェート儀礼⑥参照)のであった。

これにて、2010年のウボン県トゥンシームアン寺のブンパウェート儀礼は静かに終わった。



さて、これは、まったくの余談。

今さっき見た、マイクロソフトのブレイス・アグエラ・ヤルカスさんによる”拡張現実地図”プレゼン映像のこと。

地図が3次元的に把握されていて、しかも、その3D画像に、リアルタイムの映像をブロードキャストすることができるらしい。

なんか、映像を見るだけでワクワクさせられる、ものすごい可能性を秘めていそうな拡張現実地図。

世界各地の儀礼や祭礼を研究するに、どのようにいかすことができるかなぁ。

ワクワクして仕方ない。


応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.