いつもの場所にいつもの灯り。ルークチン(肉団子)屋台のおじちゃん。



0 コメント


僕の住むアパートの近所に、夜、屋台でルークチンを焼いているおじちゃんがいる。

ルークチンとは、豚や鳥、魚などを練って、肉団子にしたもの。それを炭火で焼くのだ。

これが結構おいしい。しかも店によってつけるタレの味や、肉団子の味や硬さも異なり、自分好みの店を探し当てるのも、これまた楽しい。


で、近所で売っているこのおじちゃんのルークチンは、僕は好きで、よく買う。



先日、違う場所で、このおじちゃんがルークチンを焼いているのを見かけた。

「おじちゃんここでも売っているんだね」などと、ちょっと話をした。

おじちゃんは大体、昼の12時くらいからルークチンを売り始めるという。もちろん午前中は仕込みの時間。

そして、周辺で屋台を引っ張りながら何回か場所を変えて、ルークチンを売りさばいていく。僕のアパート付近で売るのは、ちょうど最後のほうの時間だとのことだ。

そしてだいたい、夜9時くらいまでルークチンを売って、そのあと屋台を引いて戻るのだという。

おじちゃんがルークチンを焼いているときの手の動きと、やさしげな笑顔が印象的だ。



タイの屋台でいつも思うのは、今日もそこにいるという安心感。道を歩いていて、いつもの場所に、いつものように屋台の灯りが見えると、なぜか安心するものだ。

これからも、このおじちゃんの店でルークチンを買い続けることになりそうだ。

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.